2011年04月のアーカイブ

消費控え

震災の影響で液晶テレビの値崩れが起きているそうです。
確かに震災直後は、何か新しいものを買おうという心理にはなりにくかったと思います。

ニュースではあまりの消費控えで経済が停滞していることをうけ、「過度な自粛ムードの自粛」をするように伝え始めましたね。
消費は復興にも大切なことなので、買い替えなどを考えている方はこの機会にしてみるのも良いかもしれません。

by 楽パック制作スタッフ.S

インターネット広告

インターネット広告の業界団体IABが、2010年のアメリカでのネット広告の売上が、新聞を上回ったと発表しました。
2009年より15%増加し、また新聞広告の売上より32億ドルほど高かったそうです。

このことからデジタルメディアと人々の関係がより深くなっているのだなと感じました。
検索連動の広告など、それぞれの人々にとってより興味がもてる広告を出すことも可能になっているため、今後さらなる売上の上昇も見込めるのではないかと思います。

by 楽パック制作スタッフ.S

緊急地震速報

余震が続き、携帯電話の緊急地震速報が鳴ることが多いですね。
大地震の影響で計測器が壊れ、1/3程度の確率で予報が外れる事もあるそうですが、ならないよりは鳴った方が心の準備が出来て良いと思います。

DoCoMo、auには標準で付いている機能ですが、SoftBankは緊急地震速報の機能を搭載していなかったため、大地震後にユーザの不満の声が多く挙がったそうです。
そのため2011年度新機種より実装を決めたそうです。

思わぬ1つの機能によって命を分けることもあるかもしれないので、このような機能がどんどん進化してほしいなと感じます。

by 楽パック制作スタッフ.S

2011年度新機種より

使いこなし度

20歳以上のスマートフォン所有者にアンケートをとったところ、約4割の人が機能の半分も使いこなせていないと感じているそうです。(8割以上使えていると思っている人は約2割。)

スマートフォンと言えば多機能性が魅力ですが、実際存分にその機能を利用できているかと言うと、なかなか出来ないのが現状かもしれません。
操作方法が分からない時は8割の人がインターネットで調べるそうです。
調べる事によって、知らなかった機能に気付くことも多いかも知れませんね。
どれだけ常に、広く興味を持てるかで、「使いこなし」具合が変わってきそうです。

by 楽パック制作スタッフ.S

情報を疑う事

3月11日に大きな地震がありました。
電話がなかなか通じないなか、Twitterなどのwebツールがだいぶ活躍したように思います。
私も当日帰宅難民になりましたが、大学など場所を開放している所をツイッターで調べる事ができました。(使うことは無かったのですが・・)
被災した人を励まし合う様子などもみられました。

しかし、手軽に情報が伝えられると同時に、チェーンメールのようにデマも広がって、政府などからも鵜呑みにしないようにと注意が出されていましたね。
良かれと思って広がっていくのですが、やはりいつでも情報を一度疑ってみる事は重要だと思いました。

by 楽パック制作スタッフ.S